善玉菌を増やして朝スッキリ

慢性的な便秘でなかなか出ない人、便秘薬を飲まなければスッキリできないという人は少なくありません。

そんな、便秘の人にオススメなのが「乳酸菌」です。
乳酸菌にはヨーグルトやチーズ、牛乳などに含まれている動物性のものと、味噌や納豆、漬物などに多く含まれている植物性のものとがあります。

どちらもサプリとして摂取するなら腸内に達して腸内環境を改善する働きが期待できますが、便秘で悩む方であれば、動物性よりは植物性のものを選んだ方がいいでしょう。

乳酸菌は、体内の糖質を分解することで乳酸を作り出す働きをしていますが、その数はなんと200種類以上も存在すると言われています。人間の腸内には乳酸菌のような善玉菌だけではなく、ウェルシュ菌などの悪玉菌が混在していて、善玉菌は悪玉菌を食べるという働きを持っているのに対し、悪玉菌は脂質や糖質などを食べることによって繁殖するという特徴があります。

便秘がちな人は、腸内に糖質や脂質などが多く残ってることが多く、善玉菌の数が少ないために悪玉菌が自由に繁殖しやすい環境になっています。このため糖質や脂質が多い動物性乳酸菌よりは、それらが少ない植物性乳酸菌を摂ったほうが便秘の方にはいいのです。

善玉菌の一つでもある乳酸菌を摂取することによって、腸内の悪玉菌を効率的に分解でき悪玉菌によって発生していた毒素なども減らすことができるため、便秘解消以外にもたくさんの健康効果や美容効果が期待できます。

このような理由から便秘の人は、乳酸菌を積極的に摂取するように心がけましょう。
普段の食事で十分に摂取できているか不安な場合には、サプリメントを活用するのもいいでしょう!

植物性乳酸菌サプリのトップへ