動物性よりも強力

腸内環境を改善する働きがあることで知られている乳酸菌。
しかし、乳酸菌には動物性のものと植物性のものがあることはご存知ですか?

乳酸菌と聞いて、私たちがイメージするヨーグルトや牛乳などに含まれているのは、牛の乳を原料にしているので動物性の乳酸菌です。

一方、植物性乳酸菌は、植物を原料としている乳酸菌です。
動物性のものと比べると、体に対して刺激が少なく、他の微生物などと共存できる能力が高いため、劣悪な腸内環境の中でも破壊されることなく強く生き抜く特徴があります。

植物乳酸菌を多く含む食材とは?

植物性乳酸菌は、意外にも私たちの食生活では、あらゆるところに存在しています。

もっとも多く含まれている食品は、発酵した漬物や味噌、納豆などと言われています。
世界各国の中には、食物性乳酸菌を多く含む発酵性食材を食べる文化はそれほど多くありません。

漬物大国と言われている日本においては、普段の食生活の中でも植物性乳酸菌を積極的に取り入れやすい環境にあると言えるでしょう。

日本以外の食品をみると、植物性乳酸菌が含まれる食材は他にもあります。例えば、お隣の韓国の国民食材とも言われているキムチ。キムチも発酵食品の一部で、そこに食欲増進や新陳代謝を活性化してくれるトウガラシなどが加わることで、より大きな健康効果が期待できます。

中国のザーサイも漬物の一種で漬物なので、そのまま食べても美味しく、中国では炒め物やスープなどに投入して植物性乳酸菌を摂取しているようです。また、ザーサイは日本でも販売されているので、漬物の一環として活用してみるのも良いでしょう。

ヨーロッパでは、ドイツを中心に多く食されているサワークラウトというキャベツの塩漬けがあり、インドネシアではテンペと呼ばれる発酵食品なども愛されています。

このように世界中をみると、植物乳酸菌を摂取できるレシピがあるものの、日本が如何に摂取するのに恵まれた環境にあるのかが良く理解できます。

植物性乳酸菌サプリのトップへ











なかでも、発酵されている食品に多く含まれているため、漬物などには、かなり高濃度の植物性乳酸菌が含まれていると言えるでしょう。

日本は世界の中でも漬物大国といわれ、漬物もたくさんの原料を使い、種類も豊富にあります。また、漬物だけでなく、味噌や納豆などの発酵食品も充実しています。味や酸味、好みなどによって自由に選べる環境下にあり、植物乳酸菌を摂取しやすい状況にあります。

ちなみに、味噌からほんのり香ってくるアルコール系の香りも、実は植物性乳酸菌の働きによって作られている成分です。

このように日本人は、昔から多くの植物乳酸菌を摂取してきた歴史があるのです。