2つの特徴の違い

同じ「乳酸菌」でも、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌とでは、特徴が大きく異なります。

例えば、動物性のものは一般的に牛の乳を原料として作られているヨーグルトやミルク、チーズなどに豊富に含まれていますが、乳を原料としているため含まれている糖成分は乳糖のみです。

しかし、植物を発酵させることで作られる植物性乳酸菌なら、ブドウ糖やショ糖、麦芽糖、果糖など、原料に応じて様々な糖成分を摂取することができます。また、動物性の乳酸菌に含まれている糖質は、その濃度が一定なのに対し、植物由来の乳酸菌の場合には、原料によって等の濃度などが異なるという特徴があります。

その他にも食塩との相性も異なります。
動物性乳酸菌は食塩と共存することはできません!

そのため、食塩と一緒に摂取してしまうと破壊されてしまうのです。

一方、植物性乳酸菌は、高濃度の食塩とも問題なく共存することができます。
漬物は植物を高濃度の塩分で漬けて作る食品なので、食塩との相性が良いことも納得できるはずです。

また、体内での生存率も大きく異なります。

ヨーグルトやチーズなどに含まれている動物性乳酸菌は、劣悪な環境では生存することができません。
最近では、腸の奥まで届く動物性乳酸菌も登場していますが、そのようなものは極一部でしかなく、多くは胃酸によって破壊され効果を発揮しないまま死滅してしまいます。

一方、植物性乳酸菌は胃酸にも強く、その多くが腸の奥へと到達し腸内環境を改善させます。

このように、それぞれメリット、デメリットがあることが理解できたと思います。
どちらが良い悪いではなく、摂取する方の目的によって選択することが大切です。

植物性乳酸菌サプリのトップへ